/

首相、日本経済「デフレではないが、脱却には至っていない」 衆院予算委

安倍晋三首相は10日午後の衆院予算委員会で、国民民主党の玉木雄一郎代表による「残された任期で何をするのか、何を歴史に残そうと考えているのか」との質問に対して「何を歴史に残そうかは意識していない」と述べたうえで「政権奪還する際に掲げたのは、経済最優先ということだ」と語った。

日本経済の現状については「デフレではないという状況をつくりだすことはできたが、デフレ脱却という段階には至っていない」と述べ、デフレ脱却に全力を傾ける方針を示した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン