HIS社長、ユニゾHDへのTOB「大きなメリット」 ホテル強化

2019/7/10 18:05
保存
共有
印刷
その他

エイチ・アイ・エス(9603)は10日夕、同日発表したユニゾホールディングス(3258)へのTOB(株式公開買い付け)に関して都内で記者会見を開いた。沢田秀雄社長は「(TOBが実現すれば)いろいろな意味でユニゾHDのノウハウが(当社にとっての)大きなメリットになると考えている」と話した。今回のTOBを通じてホテル事業を強化する方針だ。

沢田社長は「(2020年の東京五輪後も)しばらくの間は、世界的な旅行ブームでホテルの需要はある」との見通しを示した。一方で将来は「大きな競争が始まる。競争に耐えるホテル事業を構築していきたい」と強調した。国内外で100棟のホテル開業を目指す計画については、23年までに実現するよう指示していると説明した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]