8月の遊園地・テーマパークの売上高1.0%増 夏休みの特別行事好調で

2019/10/10 14:09
保存
共有
印刷
その他

経済産業省が10日発表した8月の特定サービス産業動態統計速報によると、遊園地・テーマパークの売上高は前年同月比1.0%増の781億円だった。増加は12カ月連続。夏季休暇中の特別行事が好調だった。

内訳を見ると、対個人サービスは10業種のうち増加が7業種で減少は3業種だった。結婚式場では、8月の休日が昨年より増えたため19.5%増の107億円だった。

対事業所サービスは10業種のうち7業種が増加し、3業種が減少した。海外向けの火力発電所関係の受注があったことなどを受け、エンジニアリング業で51.8%増の7301億円となった。一方、機械設計業では自動車部品やトラック・バス車両の生産工場の稼働日数が減り、1.5%減の127億円だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]