/

TPP承認・関連法案、衆院通過 与党などの賛成多数で

衆院は10日午後の本会議で環太平洋経済連携協定(TPP)承認案・関連法案を与党と維新の会の賛成多数で可決した。両案は直ちに参院に送付される。

TPPの旗振り役だった米国では9日、TPP離脱を唱えるドナルド・トランプ氏が次期大統領に決まった。民進党の升田世喜男氏は採決に先立つ討論で、米国の動向を見極めるのが常識だと主張。「批准の見通しの全く立たないTPPの案件を参院で1カ月もかけて審議するのは税金の無駄遣いではないか」と強調した。

一方、自民党の西村康稔氏はTPP発効へ日本の指導力が求められていると説明。「開かれた経済の枠組みを作り、保護主義の蔓延(まんえん)を食い止めるのは日本の大きな使命だ」と訴えた。

TPP承認案は憲法の規定で衆院通過から30日で憲法の規定により参院で採決しなくても自然成立する。与党は今月30日までの今国会の会期の延長を検討している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン