/

この記事は会員限定です

株、異例の「止血策」でも解けぬ緊張感 そびえる2万円の壁

[有料会員限定]

10日午前の東京株式市場で日経平均株価は小幅に続落した。米連邦準備理事会(FRB)による異例とも言える資金供給策の決定で米国株が上昇したことが支えとなったが、ほどなく利益確定目的の売りで下げに沈んだ。新型コロナウイルスの感染者数は国内では再び増加基調にある。世界各国の中銀の止血策の安心感よりも「需要消滅」が長期化する懸念が強く、2万円台回復のシナリオを描けずにいる投資家は多い。

きょうの日経平均...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1229文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン