2018年1月18日(木)

1/18 9:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米国株、反発 ダウ322ドル高で初の2万6000ドル台、主要3指数が過去最高値
  2. 2位: ゴールドマン、6年ぶり赤字 17年10~12月期
  3. 3位: ビットコイン、薄れる幻想 受け渡しリスクに警鐘も[有料会員限定]
  4. 4位: 今年も続く「対アマゾン」レース[有料会員限定]
  5. 5位: 東エレク、転じて福となった統合断念[有料会員限定]

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 24,051.30 +182.96
日経平均先物(円)
大取,18/03月
24,050 +230

[PR]

NQNスペシャル

フォローする

品薄が演出する米株高、「錬金術」の銘柄も
日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

2018/1/10 12:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ダウ工業株30種平均が未踏の2万5000ドル台に達するなど、米国は空前の株式ブームに沸く。米株に先導され、日経平均株価も約26年ぶりの高値に上昇。市場では企業業績の拡大を背景に株高は今年も続くとの見方が大勢だ。だが、死角はないのか。最近の米株は流動性が低下し、わずかな売買でも相場が一方通行になりやすくなっている点を見逃すべきではない。

 米株は投資家の需要より供給量が少ない「品不足」状態にある――…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップマーケットトップ

NQNスペシャル 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム