「国の借金」12月末は1029兆円 国民1人当たり811万円

2015/2/10付
共有
保存
印刷
その他

 財務省は10日、国債や借入金、政府短期証券を合わせた「国の借金」の残高が2014年12月末時点で1029兆9205億円になったと発表した。1月1日時点の人口推計をもとに単純計算すると、国民1人当たり約811万円の借金を抱えていることになる。

 ただ、9月末からの3カ月間でみると8兆9945億円減った。政府短期証券の残高減少が寄与した。通常は短期証券が償還を迎えた際、借換債の発行でまかなうが、今回は余裕資金を充てたという。技術的で一時的な要因が大きい。

 「国の借金」のうち、国債は9月末に比べ6兆4114億円増の874兆2354億円。政府短期証券は16兆2104億円減の100兆4082億円だった。一方、借入金は8045億円増の55兆2769億円だった。14年度末の「国の借金」の総額は1062兆7000億円になる見通しだ。

 併せて発表した12月末の政府保証債務残高の現在高は2683億円増の44兆6574億円だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

借金

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 0:19
17日 10:29
東北 17日 2:00
17日 2:00
関東 0:19
17日 18:16
東京 17日 22:00
17日 2:00
信越 1:00
1:00
東海 17日 23:00
17日 21:43
北陸 1:30
1:20
関西 0:00
0:00
中国 17日 20:03
17日 2:00
四国 17日 11:30
17日 2:00
九州
沖縄
17日 21:21
17日 21:13

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報