/

「国の借金」9月末は1038兆円 国民1人あたり817万円

財務省は10日、国債や借入金、政府短期証券を合わせた「国の借金」の残高が9月末時点で1038兆9150億円になったと発表した。10月1日時点の人口推計をもとに単純計算すると、国民1人当たり約817万円の借金を抱えていることになる。

ただ6月末からの3カ月間でみると4981億円減った。政府短期証券の残高の減少が寄与した。通常は短期証券が償還を迎えた際、借換債の発行でまかなうが、今回は余裕資金を充てたという。技術的で一時的な要因が大きく、「国の借金」の増加基調そのものに変わりはない。1年前の残高は1011兆1785億円だった。

「国の借金」のうち、国債は6月末比3兆9360億円増の867兆8240億円。政府短期証券は4兆2898億円減の116兆6187億円だった。一方、借入金は1443億円減の54兆4724億円だった。14年度末の「国の借金」の総額は1143兆9000億円になる見通しだ。

併せて発表した9月末の政府保証債務残高現在高は2746億円増の44兆3891億円だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン