/

この記事は会員限定です

<東証>富士フイルムが4日ぶり反発 米国でアビガンの治験開始へ

[有料会員限定]

(10時、コード4901)富士フイルムが4日ぶりに反発している。一時は前日比172円(3.2%)高の5498円まで上昇した。9日、抗インフルエンザ治療薬「アビガン」について、新型コロナウイルスを治療する臨床試験(治験)を週内に米国で始めると発表した。「新型コロナ関連銘柄」として改めて物色の矛先が向かった。

中間段階にあたる「第2相」の臨床試験を実施する。新型コロナの治療にア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り178文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン