カワセコンピ、公取委の立ち入り検査を発表 独禁法違反の疑い

2019/10/10 9:31
保存
共有
印刷
その他

カワセコンピュータサプライ(東証2部、7851)は10日、公正取引委員会による立ち入り検査を受けたと発表した。日本年金機構が発注する帳票の作成や発送準備業務に関して独占禁止法違反の疑いがあるという。同社は検査に対し「全面的に協力する」とコメントした。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]