/

この記事は会員限定です

円急落、引き金はトルコリラ大幅高

NQNシンガポール 編集委員 今晶

[有料会員限定]

9日の欧米外国為替市場で円相場が急落し、一時1ドル=105円60銭台と3週ぶりの安値を付けた。新型コロナウイルスワクチンの開発期待などで欧米株が急騰し、米長期金利は大幅に上昇した。米ドルを借り入れてリスク資産を積み上げる投機資金などの流れは一気に逆回転した。一部は円を売って他の通貨を買う戦略にシフトしている。その引き金を引いたのが9日の欧州の取引時間帯に始まったトルコリラの急伸だ。

9日の円の対リラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り925文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン