/

旭化成株、私設取引で一時27%高 吉野彰氏がノーベル化学賞受賞

旭化成株が9日夜の私設取引で急伸している。SBIジャパンネクスト証券が運営する私設取引システム(PTS)で、18時50分に同日の東証終値比300円(27%)高い1405円50銭をつけた。スウェーデン王立科学アカデミーが同日、2019年のノーベル化学賞を旭化成の吉野彰名誉フェローに授与すると発表し、買いが入った。

吉野氏はスマートフォンや自動車などに幅広く利用されるリチウムイオン電池の原型を作った。10日の東証取引では関連銘柄への関心も集まりそうだ。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン