2018年12月12日(水)

フィンテック、ムーミンのライセンス管理会社を設立

2018/3/9 16:41
保存
共有
印刷
その他

フィンテックグローバル(マザーズ、8789)は9日、子会社のムーミン物語(東京・品川)を通じ日本での「ムーミン」ライセンスを一括管理する共同出資会社、ライツ・アンド・ブランズ(東京・品川)を16日付で設立すると発表した。資本金は1000万円で、ムーミン物語が44.5%出資し、国内最大手の翻訳出版権エージェントでムーミンのライセンスを管理しているタトル・モリエイジェンシー(東京・千代田)が44.5%出資、ムーミンの全著作権を保有するフィンランドの会社が11%出資する。

近年、ムーミンの世界観やアート性への支持が高まっているほか、日本では関連商品やサービスの売り上げが伸びている。また、来春にはムーミン物語が運営するテーマパークもグランドオープンする予定で、新会社設立により新たなファン層の取り込みを狙うという。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報