/

この記事は会員限定です

株、金融主導の戻り相場 逆流は9月半ばまでか

[有料会員限定]

9日午前の東京株式市場で日経平均株価は続伸した。前週末比106円高の2万1305円で前場を終えた。米中貿易協議の進展期待から機械など景気敏感株への買いが続くなか、金融など割安(バリュー)とされる銘柄への買い戻しも活発となり相場の支えとなった。日経平均は約1カ月ぶりの高値水準を回復しているが、戻り相場の賞味期限は短命に終わるとの見方は根強い。

9日は保険や地銀など金融株の上げが目立った。日銀の黒田...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1003文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン