/

この記事は会員限定です

米中摩擦「部分合意なら大統領選まで休戦か」丸紅・今村氏

[有料会員限定]

世界経済に影を落とす米中貿易摩擦。目先、最大の節目が対中制裁関税「第4弾」を米国が全面発動する予定の今月15日だ。2020年に米大統領選挙を控え、どのようなシナリオが想定されるか。丸紅経済研究所の今村卓所長は「15日までに米中が部分合意すれば、大統領選までは一時休戦となる」と読む。

トランプ氏、むしろ対中「穏健派」

――米中協議はどのような展開を想定していますか。

「米国経済への悪影響を避けたいトランプ米大統領は、早期に合意を取り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1339文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン