2019年8月24日(土)

3M株が続落 「世界景気悪化で業績下振れ」の見方

2019/7/10 0:17
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=川内資子】9日の米株式市場で工業製品・事務用品大手のスリーエム(3M)株が3日続落して始まった。一時は前日比2.9%安の164.29ドルを付けた。RBCキャピタル・マーケッツが投資判断を「買い」から「中立」に引き下げた。「度重なる業績見通しの引き下げで手堅い株との市場の評価が薄れつつある」と指摘した。ドイツの化学大手BASFが需要の弱さを理由に8日に業績見通しを下方修正したのも収益懸念を誘った。

担当アナリストは「マクロ景気の悪化に加え、環境汚染に関する訴訟リスクが高い」と分析した。ここ数四半期で見通し引き下げが続いたことで「優良銘柄」としての価値が低下し、今年の株価は大型工業株のなかで最も低迷していると指摘した。中国や自動車関連などの需要が弱く「経営陣は予想をさらに下方修正する必要があるかもしれない」との見方を示した。目標株価は207ドルから176ドルに下げた。

独BASFの業績修正も響いた。世界経済の減速を背景とした工業生産の低迷を理由に、通期の特別項目を除く利払い・税引き前利益(EBIT)見通しを前期比で最大30%減と従来見通し(1~10%増)から大きく引き下げた。欧州市場で同社株は急落した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。