/

東レ、20年3月期の営業益2500億円目標 設備投資、3年間で5000億円

東レ(3402)は9日、2020年3月期を最終年度とする3カ年の中期経営計画を発表した。生産増強とM&A(合併・買収)を通じ、20年3月期の連結売上高は17年3月期予想より31%多い2兆7000億円、営業利益は61%多い2500億円を目指す。自己資本利益率(ROE)は約12%(前期実績は9.3%)に引き上げる。

炭素繊維複合材料や電池用部材など「グリーンイノベーション事業」と、先端材料や医薬・医療機器など「ライフイノベーション事業」を成長分野に位置づける。

3年間に2200億円規模の研究開発費を投入、5000億円規模の設備投資を実施する。設備投資の約6割を成長分野に振り向ける考え。採算改善に向け、3年間で2200億円のコスト削減も目指す。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン