/

この記事は会員限定です

超長期債利回りに上昇圧力 カーブの傾き急に

日銀オペ「40年外し」説も

[有料会員限定]

各年限の国債利回りをつないだイールドカーブ(利回り曲線)の傾きが急になっている。11月の米大統領選と米議会選で野党・民主党が勝利すれば財政拡大、国債増発につながるとの懸念から米国ではスティープ化(急勾配化)が進み、国内でも30年債を中心に国債利回りが上昇(価格が下落)している。じりじりと上がる30年債の利回りを受け、市場では日銀が将来的には国債の買い入れ対象から40年債を外すという声も浮上している。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1123文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン