GDP実質1.8%増 4~6月期年率、消費などがけん引

2019/8/9 8:50
保存
共有
印刷
その他

内閣府が9日発表した4~6月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比0.4%増、年率換算では1.8%増だった。3四半期連続のプラス成長となった。1~3月期は年率換算で2.8%増だった。個人消費が伸びたことや積極的な設備投資がプラス成長に寄与した。QUICKが集計した民間予測の中央値は前期比0.1%増で、年率では0.4%増だった。

生活実感に近い名目GDPは前期比0.4%…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]