/

東芝CFO「半年で徹底的に改革」 パソコン・テレビ撤退も見極め

東芝(6502)の平田政善最高財務責任者(CFO)は9日午後、2017年4~9月期の決算会見を都内で開き、構造改革について「例外なく全ての赤字事業や所定のマージンを満たしていない事業で徹底的な構造改革をこの6カ月間でやる」と述べた。

そのうえで「パソコン事業やテレビ事業の撤退も含めて見極めていくのか」との問いに対しては「そう理解していただいて結構です」とテレビ事業やパソコン事業も含め構造改革を推し進める方針を示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン