/

マクドナルド社長「今後も同じブランドでやっていく」 米親会社の株売却方針

日本マクドナルドホールディングス(2702)のサラ・カサノバ社長は9日の決算発表会見で、親会社の米マクドナルドが保有株の一部売却の方針を示したことに触れて、「今後もマクドナルドのフランチャイズチェーン(FC)運営者として日本で事業展開し、同じブランド、同じ価値を提供し続ける」と話した。株売却によって店舗や戦略の変化はないことを強調した。

株の売却先についてカサノバ社長は「米本社は、我々の(再生のための)事業転換を助けてくれる戦略的なパートナーが見つかる場合にのみ売却するとしている」と言及、「これからも顧客第一の姿勢は変わらない」とした。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン