/

この記事は会員限定です

静かにこなす国債増発 隠れたままの「不都合な真実」

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大への大規模経済対策に伴い、7月発行の国債から増発が始まった。債券需給の緩みが懸念されるものの、9日の5年債までこれまでの入札はいずれも順調な結果となっている。日銀の手厚い購入方針が金利上昇(債券価格の下落)を抑え込む。公的債務の急膨張という「不都合な真実」は簡単に解決できないが、債券市場は今のところ国債入札を静かにこなしている。

財務省が入札を実施した5年債(144回...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り899文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン