/

東京海上HDの永野社長、トヨタの決算説明会で豊田社長に質問

トヨタ自動車(7203)が9日に開いた決算発表の会場で、東京海上ホールディングス(8766)の永野毅社長がトヨタの株主として質問に立った。永野社長はトヨタの豊田章男社長に対し「トヨタの文化の何を守り、何を変えていくかを教えてほしい」と質問した。

豊田社長は「自動車業界は100年に一度の大変革を迎えており、過去の経験が全く役に立たない。世の中の変化に対し、準備ができているかと今も悩んでいる」などと応じた。

トヨタは今回、説明の時間を長く取って市場への発信力を強化するため、決算の開示時間をこれまでの午後3時から午後1時25分に前倒しした。

発表直後の決算説明会で、大手の機関投資家のトップが質疑に加わったのは、トヨタにとって今回が初めてとみられる。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン