/

メルカリの前期、最終損益70億円の赤字 先行投資響く

メルカリが9日発表した18年6月期の連結最終損益は70億円の赤字(前の期は42億円の赤字)だった。フリマアプリの利用増加に伴い手数料収入は伸びたものの、国内での新規事業や海外での事業拡大に向けた先行投資が響いた。

売上高は前の期比62%増の357億円だった。営業損益は44億円の赤字(前の期は27億円の赤字)だった。期末配当、年間配当ともに前の期同様無配とした。

19年6月期に関しては「合理的な業績予想の算定が困難」として予想値を公表しなかった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン