2018年5月23日(水)

5/23 0:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日本株、再び為替と連動 保守的予想の銘柄は6月が底[有料会員限定]
  2. 2位: スマホ決済、3メガ銀がQRコード規格統一で合意[有料会員限定]
  3. 3位: どうみるソニーの新中期計画 市場関係者に聞く[有料会員限定]
  4. 4位: スタートトゥデイ、ゾゾスーツばらまきに透ける焦り[有料会員限定]
  5. 5位: 有利子負債増やした企業、M&Aに積極投資[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,960.34 -42.03
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
22,960 -50

[PR]

業績ニュース

トヨタの18年3月期純利益、36%増の2兆4939億円 過去最高

ビジネス
2018/5/9 13:48
保存
共有
印刷
その他

 トヨタ自動車が9日発表した2018年3月期連結決算(米国会計基準)は、純利益が前の期比36%増の2兆4939億円となり、過去最高を更新した。販売台数が伸びたことに加え、米国の税制改革の影響で税負担が減った。

 営業利益は20%増の2兆3998億円だった。前の期より円安・ドル高傾向で推移したことや原価改善の進展で、2期ぶりの増益となった。通期の為替レートは前の期比3円円安・ドル高の1ドル=111円だった。為替の営業利益へのプラスの影響は2650億円だった。原価改善効果は1650億円だった。

 売上高は6%増の29兆3795億円と、2期ぶりに過去最高を更新した。グループ全体の世界販売台数は1044万1000台と過去最高を記録した。年間配当は前の期から10円増の220円だった。

 19年3月期の連結純利益は前期比15%減の2兆1200億円を見込む。売上高は1%減の29兆円。グループの世界販売台数は1%増の1050万台を見込む。営業利益は4%減の2兆3000億円。想定為替レートは1ドル=105円と前期実績より6円円高に設定した。為替が営業利益を2300億円押し下げる。1300億円の原価改善効果を見込むが、円高による影響を補えない見通し。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

関連キーワード

新着記事一覧

読まれたコラム