/

この記事は会員限定です

株主総会2017 会社提案に反対増加か 機関投資家の賛否開示で

[有料会員限定]

6月中旬から3月期決算企業の株主総会が本格化する。機関投資家向けの行動規範「スチュワードシップ・コード」改訂への対応として、今年から機関投資家の議決権行使が個別開示されるようになる。機関投資家の賛否判断が厳しくなるとの声もあり、企業と株主の対話の活性化につながるか注目を集める。

機関投資家の議決権行使、反対票増加の可能性も

個別開示は議案への賛否やその基準が明確になることでよりの高い企業統治を促すのが狙いだ。開示が求められる機関投資家は運用会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2125文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン