/

この記事は会員限定です

<東証>第一興商が一時4%高 5月以降「自粛疲れ」利用の思惑も

[有料会員限定]

(10時55分、コード7458)第一興商が堅調だ。一時、前日比117円(4.1%)高の2940円まで買われる場面があった。8日、2020年3月期の連結純利益が前の期比23%減の120億円になったと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響でカラオケ店や飲食店の売り上げが大きく減少し、従来予想の131億円から下方修正した。ただ緊急事態宣言の発令が解除された後は「自粛疲れ」の利用者が増えるとの思惑も一部で広が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り356文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン