/

この記事は会員限定です

外為市場で存在感消す国内勢 三菱UFJ報道にも踊らず

[有料会員限定]

外国為替市場で国内投資家の動きが目立たなくなってきた。外為証拠金(FX)取引を手掛ける個人は相場の流れに逆らう「逆張り」の構えを保つものの、欧州連合(EU)離脱の是非を問う英国民投票への警戒感などから自重している。生命保険会社や年金といった機関投資家は日銀のマイナス金利政策で体力を奪われ、新規材料の有無にかかわらず為替リスクをとる運用には興味を失いがちだ。

日銀が毎営業日公表している東京市場の円・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1017文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン