/

この記事は会員限定です

米市場、時価総額の逆転相次ぐ コロナで主役交代加速

半導体・自動車・金融……

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=松本清一郎】米国株市場で時価総額の歴史的な逆転が相次いでいる。時代の波に乗った新興企業の株価が急伸し、伝統的な名門企業を追い抜くケースが目立つ。8日は半導体のエヌビディアが同業のインテルを上回り、米半導体株で首位が入れ代わった。新型コロナウイルスによる社会の変化も主役交代を後押ししている。

エヌビディアの時価総額は8日終値で2513億ドルとなり、インテル(2481億ドル)を初...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン