アジア株16時、やや軟調 材料少なく高値圏で利益確定売り

2014/9/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQNシンガポール=近藤明日香】9日のアジア株は前日に続き総じて小動きのなか、やや軟調に推移している。新たな手掛かりが少ないなか、高値圏にある指数が多いため、いったん利益確定売りを出す動きが重荷となった。米サンフランシスコ連銀が公表したリポートで、同連銀エコノミストなどの見解として「米連邦公開市場委員会(FOMC)の委員に比べ、市場関係者はより緩和的な金融政策を想定しているようだ」と指摘したのを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]