/

この記事は会員限定です

<東証>クリエイトSが売り買い交錯 今期増益予想も成長性に不透明感

[有料会員限定]

(10時25分、コード3148)神奈川県地盤のドラッグストア、クリエイトSに売り買いが交錯している。前日比84円(3.3%)安の2470円まで下げた後、足元では上げに転じている。8日、2020年5月期の連結純利益が前期比6%増の102億円になりそうだと発表した。再編が進むドラッグストア業界で、競争激化による成長力鈍化の懸念から朝方は売りが先行したが、一部では増益予想を素直に好感する買いも入っている。

主力のドラッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り204文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン