2019年3月26日(火)

街角景気の指数上昇、50超え 基調判断を上方修正
2月景気ウオッチャー調査

2015/3/9付
保存
共有
印刷
その他

内閣府が9日発表した2月の景気ウオッチャー調査(街角景気)によると、足元の景気実感を示す現状判断指数は前月比4.5ポイント上昇し50.1だった。改善は3カ月連続。好況の判断の目安となる50を超えたのは、昨年7月以来となる。内閣府は街角景気の基調判断を「一部に弱さが残るものの、緩やかな回復基調が続いている」とし、8カ月ぶりに上方修正した。1月の判断は「このところ回復に弱さがみられる」だった。

2月の現状判断指数は、家計動向が前月比4.5ポイント上昇の48.4と2カ月ぶりで改善したほか、企業動向が4.4ポイント上昇の51.1、雇用が4.3ポイント上昇の59.1と、そろって前月を上回った。中華圏の春節(旧正月)期間の訪日外国人客増加や、株高などを反映し、消費者心理の持ち直しを指摘する報告が相次いだ。「外国人観光客の買い上げが特に都心店舗で多く、化粧品や雑貨の売れ行きが好調」(近畿・百貨店)といった声や、「株価が1万8000円台に乗り、富裕層の購買意欲が活性化してきている」(南関東・百貨店)といった見方が寄せられた。

その一方で、「加工食品の値上げが相次いでおり、生活防衛意識が強くなっている」(東北・スーパー)など、値上げで消費者の節約志向を指摘する声もあった。

2~3カ月後の景気を占う先行き判断指数は前月比3.2ポイント上昇の53.2で、3カ月連続で改善した。先行き判断指数が50を超えたのは2カ月連続。「ガソリン価格は比較的安値で安定しており外出が増えるのでは」(東北・ホテル)など、燃料価格低下を好感したり、賃上げによる消費増に期待する声が出ていた。

調査は景気に敏感な小売業など2050人を対象とし、有効回答率は89.4%。3カ月前と比べた現状や2~3カ月後の予想を「良い」から「悪い」まで5段階で評価して指数化する。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報