/

この記事は会員限定です

揺れる中東情勢 市場関係者の見方

[有料会員限定]

米国とイランの対立激化を発端に中東情勢が揺れ、様々なニュースに反応して相場の振幅が大きくなってきた。市場関係者に株式と外国為替相場の見通しを聞いた。

<株式>

「日経平均、2万3500円まで上昇も 米イラン両政府の対応は抑制的」

藤戸則弘・三菱UFJモルガン・スタンレー証券チーフ投資ストラテジスト

9日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比で300円ほど高い2万3500円程度まで上昇するとみる。イランはイラクの米軍駐留基地の攻撃に際し、関係諸国への事前通告があった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1168文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン