/

この記事は会員限定です

ダウ再び1000ドル安 市場への影響と今後の見通し

[有料会員限定]

8日の米株式市場でダウ工業株30種平均は前日に比べ1000ドルを超える大幅な下落になった。米長期金利の上昇圧力の高まりが警戒され、ハイテク株を中心に幅広い銘柄が売られた。ダウ平均は過去最大の下げ幅となった5日に次ぐ過去2番目の下げ幅となり、1月26日に付けた過去最高値(2万6616ドル)からの下落率は10%を超えた。市場参加者に株式相場の見通しや金融市場への影響などについて聞いた。

「株、下値めどは2万1000円程度 国内勢の買いが下支え」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2634文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン