/

前日銀審議委員の木内氏、日銀の国債買い入れ「来年半ばには限界に」

7月23日に日銀の審議委員を退任した野村総合研究所の木内登英エグゼクティブ・エコノミストは9日朝、BSジャパンの番組に出演した。番組のなかで日銀の現在の金融緩和政策の副作用について、国債の流動性枯渇と日銀のバランスシートの膨張を指摘した。木内氏は「国債の流動性が枯渇するなかで何か起きると金融市場の混乱は大きくなる」と懸念を示した。さらに日銀の国債買い入れについて「来年の半ばには限界に達する」との見方を述べた。日銀のバランスシートの膨張については「緩和政策の出口で日銀の財務が悪化する」とし、日銀の信認低下につながる可能性を指摘した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン