2019年9月22日(日)

ウーバー、4~6月期の最終赤字が52億ドルに拡大 株価は時間外で一時12%安

2019/8/9 6:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQNニューヨーク=横内理恵】配車サービス大手のウーバーテクノロジーズが8日夕に発表した2019年4~6月期決算は最終赤字が52億3600万ドル(約5550億円)と前年同期のほぼ6倍となった。競争激化でライドシェア(配車)事業が伸び悩み、売上高は市場予想に届かなかった。運転手らへの報酬の支払い負担が拡大しているのに加え、上場に伴いストックオプションの評価額を費用として39億ドル計上したのが響いた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。