時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,122,392億円
  • 東証2部 68,106億円
  • ジャスダック 93,458億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率19.29倍23.25倍
株式益回り5.18%4.30%
配当利回り2.04% 1.78%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,249.61 +405.65
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
23,210 +310

[PR]

国内株概況

米株高が追い風、上げ幅は限定的か(先読み株式相場)

2020/7/9 6:38
保存
共有
印刷
その他

9日の東京株式市場で日経平均株価は反発しそうだ。業績期待で8日の米株式相場が上昇した流れを受け、買いが入るだろう。上場投資信託(ETF)の分配金捻出のための売りや新型コロナウイルス感染再拡大への警戒がくすぶり、日経平均の上げ幅は限定的となる見込みだ。前日終値(2万2438円)から200円程度高い水準が上値メドになりそうだとの見方があった。

8日の米ダウ工業株30種平均は反発し、177ドル高だった。主要企業の決算発表シーズンが近づき、業績期待の買いが優勢だった。スマートフォンのアップルや、ネット通販のアマゾン・ドット・コム、動画配信のネットフリックスが上場来高値を更新した。

米株高を受け、日本株にも買いが先行しそうだ。ただ、8日に続き、10日もETFの決算が集中しており、分配金捻出のための売りが上値を重くする。国内では九州や岐阜県などで豪雨による河川の氾濫が発生している。自然災害による景気への悪影響も意識される。

政界では、前法相の河井克行容疑者と妻で参院議員の案里容疑者が公職選挙法(買収など)の罪で起訴された。前法相ということもあり、安倍晋三首相の任命責任などを問う声が改めて強まれば、支持率低下による株売りの連想が浮上するかもしれない。

個別では、伊藤忠商事(8001)がTOB(株式公開買い付け)による完全子会社化を発表したファミリーマート(8028)株に買いが入りそうだ。TOB価格は1株2300円で、ファミマの8日終値(1754円)を31%上回る。9日付の日本経済新聞朝刊は「コロワイド(7616)はTOBを通じ、大戸屋ホールディングス(2705)の買収に乗り出す」とも報じている。

取引開始前に内閣府が5月の機械受注統計を発表する。QUICKがまとめた民間主要機関による予測の中央値は前月比3.1%減で、3カ月連続のマイナスとなる見込み。市場予想を超える落ち込みとなれば、改めて国内景気の厳しさが意識され、相場の重荷となる可能性がある。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム