/

この記事は会員限定です

「2割」銘柄に強まる売り圧力 アンリツや村田製など

[有料会員限定]

8日午前の東京株式市場で日経平均株価の下げ幅は一時300円を超え、2万1100円台で推移している。世界景気の減速懸念に加え、きょうは「リース取引」に関する会計基準の変更観測といったテクニカルな売り材料も伝わった。年度末接近に伴い、需給面では期末特有の「益出し」売りが重荷になっている。ただ、こうした季節要因は4月には解消する。市場では「下げの深追いは禁物」との声も聞かれる。

日経平均は8日も下落す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り655文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン