2019年8月18日(日)

ドイツ銀株が5%安、再建に厳しい見方 CDSは上昇

2019/7/9 3:57
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン=椎名遥香】8日のフランクフルト株式市場でドイツ銀行が前週末比5.4%安の6.79ユーロで取引を終えた。7日に発表した大規模なリストラ計画を好感して買いが先行したが、徐々に売りに押された。超低金利やオーバーバンキング(銀行過剰)といった厳しい経営環境のなか、収益力改善は難しいとの見方が多い。「再建が進まず、将来的に増資が必要になるリスクは払拭できない」(銀行担当アナリスト)との声も聞かれた。

信用リスクを取引するクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場では、ドイツ銀の5年物のCDS保証料率が上昇した。前週末比0.03%ほど高い0.64%台後半で取引を終えた。一時は0.58%台まで低下し、2015年3月以来4年4カ月ぶりの低水準を付けたが、上昇に転じた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。