ホンダ副社長、今期の四輪販売下振れ「部品の不具合が響く」

2019/11/8 16:26
保存
共有
印刷
その他

ホンダ(7267)の倉石誠司副社長は8日、都内で開いた2019年4~9月期の決算説明会で、今期(20年3月期)の四輪事業のグループ販売台数を下方修正したことについて「部品の不具合の影響が下期に効いてくる」と述べるとともに、一連の問題を陳謝した。

8月発売の軽自動車「N-WGN(エヌワゴン)」で電動パーキングブレーキに関わる不具合が発生。同じ部品を採用する新型「フィット」の発売は20年2月に3カ月延期した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]