/

この記事は会員限定です

デフレギャップ、内閣府版は過去最大 日銀となぜ違う

[有料会員限定]

内閣府が8日に公表した2020年4~6月期の需給ギャップのマイナス幅は、数字をさかのぼれる1980年以降で最大となった。マイナスなのは日本経済の供給の「実力」に対する需要不足を示し、「デフレギャップ」と呼ばれる。これに先立つ5日に日銀が公表した同じ時期のデフレギャップは11年ぶりの大きさと、リーマン・ショック時よりはまだ小さい。内閣府と日銀でなぜ違うのか。

内閣府が「GDPギャップ」と呼ぶ需給ギャップ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1414文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン