/

この記事は会員限定です

アリババ対テンセント テレワーク支援、中国でも火花

[有料会員限定]

【NQN香港=柘植康文】中国のネットサービス大手がテレワーク分野で火花を散らしている。新型コロナウイルスのまん延による利用者の急増を受け、アリババ集団(@9988/HK)や騰訊控股(テンセント、@700/HK)、北京字節跳動科技(バイトダンス)が多機能なビデオ会議システムなど新サービスを次々と投入する。利用者を囲い込むための投資も活発で、クラウドなど関連産業に恩恵を広げそうだ。

中国の調査会社トラス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1167文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン