2018年6月23日(土)

6/23 15:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 40年ぶり続落記録を食い止めたOPEC[有料会員限定]
  2. 2位: 破綻した日本海洋掘削の市川社長「市況読み誤った」
  3. 3位: ワールドが再上場 MBOから13年、経営再建にメド[有料会員限定]
  4. 4位: もう1つの「現金は王様」 株相場、波乱に備え[有料会員限定]
  5. 5位: 金、崩れた1300ドル圏 地政学リスクが後退[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,516.83 -176.21
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,460 -140

[PR]

NQNスペシャル

フォローする

地面師と種地が示す地価ピークのサイン

(1/2ページ)
2017/9/14 11:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 日銀による異次元金融緩和と超低金利の下で、少しでも高い利回りを求めて土地や投資用マンション、アパートに資金が流れ込み続けている。こうしたなかで、土地売買の現場では地価の先行き警戒サインともとれる動きが現れてきた。地面師の暗躍と種地(たねち)取引の沈静化だ。

■出回る「有名物件」情報

 「ここにきて、南青山の有名物件で権利関係がきれいになったので取り扱わないかといってきた」――。ある大手不動産流通会社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

新着記事一覧

読まれたコラム