2017年11月25日(土)

11/25 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 三菱マテリアルの竹内社長「再発防止が私の責任」[有料会員限定]
  2. 2位: 株続伸、「円相場に慎重な銘柄」にみえた選別買い[有料会員限定]
  3. 3位: 長期投資が報われる 山一破綻20年、積み立て増加[有料会員限定]
  4. 4位: 日立国際TOB再延長戦 KKR、また価格引き上げ[有料会員限定]
  5. 5位: 決算番付(4)利益上振れ余地 信越化、値上げに期待[有料会員限定]

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 22,550.85 +27.70
日経平均先物(円)
大取,17/12月
22,580 ±0

[PR]

NQNスペシャル

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

地面師と種地が示す地価ピークのサイン

(1/2ページ)
2017/9/14 11:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 日銀による異次元金融緩和と超低金利の下で、少しでも高い利回りを求めて土地や投資用マンション、アパートに資金が流れ込み続けている。こうしたなかで、土地売買の現場では地価の先行き警戒サインともとれる動きが現れてきた。地面師の暗躍と種地(たねち)取引の沈静化だ。

■出回る「有名物件」情報

 「ここにきて、南青山の有名物件で権利関係がきれいになったので取り扱わないかといってきた」――。ある大手不動産流通会社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

NQNスペシャル 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

新着記事一覧

読まれたコラム