/

この記事は会員限定です

法大・水野教授「都市化の利点に疑問符、人口分散へ」

コロナ後の資本主義

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で、人々の生活様式は大きく変わりつつある。大都市に人口が集中するリスクが意識され始め、足元で東京都への転入が減る一方、人材サービス大手のパソナグループが兵庫・淡路島への本社主要機能の移転を決めるなど、地方移住への関心も高まっている。著名エコノミストの水野和夫・法政大教授は「人やモノが集中して形成されるメトロポリス(大都市)は経済学では理想的なモデル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2495文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン