/

マクドナルドの1~9月期、純利益は4.8倍の154億円 商品刷新効果で

日本マクドナルドホールディングスが8日発表した2017年1~9月期の連結純利益は前年同期比4.8倍の154億円だった。商品の刷新や店舗の改装、販促キャンペーン効果などで既存店売上高は1~9月期では前年同期比13.1%増だった。売上高の伸長が利益を押し上げた。

売上高は13%増の1871億円だった。四半期ベースでは8四半期連続で既存店売上高が前年を上回った。営業利益は4倍の150億円と大きく伸びた。

中沢啓二IR統括責任者は「年内に500店舗を改装し、全体の8割はモダンな内装になる」と店舗のイメージ刷新を急ぐ考えを述べた。「宅配も非常に好評で大きなビジネスチャンスがある。今後拡大していきたい」と語った。

2017年12月期の通期業績については、従来予想を据え置いた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン