経産相、企業の気候変動対応「世界をリードしたい」 TCFDサミット

2019/10/8 13:40
保存
共有
印刷
その他

菅原一秀経済産業相は8日、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)サミットの冒頭あいさつで、「金融界にもリスク面のみならずオポチュニティ面に着目して、気候変動問題の対応のために拡大する市場をとらえて資金供給を増やす観点をもってもらいたい」と期待を述べた。また金融機関による企業の取り組みの評価を示す「グリーン投資ガイダンス」を公表する意向で、「気候変動対応に積極的な企業への資金の流れを拡大すべく、アジアを含めて世界をリードしていきたい」と語った。

サミットの狙いについて「気候変動への対応をコストではなく競争力の源泉としてとらえる認識を共有し、迅速に投資行動につなげる環境を作っていきたい」と話した。今回のTCFDサミットは世界で初の開催となる。マーク・カーニー英イングランド銀行総裁や水野弘道年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)理事、進藤孝生経団連副会長らが参加する。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]