4~9月の企業倒産件数、前年比3%増の4256件 2年ぶり増加

2019/10/8 13:30
保存
共有
印刷
その他

民間調査会社の東京商工リサーチが8日発表した2019年度上半期(4~9月)の全国企業倒産(負債額1000万円以上)件数は前年同期比3.2%増の4256件だった。年度上半期としては、2年ぶりの増加となった。飲食業などを含むサービス業他が4年連続で増加した。小売業での増加も目立った。

負債総額は5948億7200万円と前年同期から28.9%減少した。負債額が1000億円を超える倒産がなかったほか、同10億円以上の大型倒産が87件と前年の98件を下回った。

9月単体の倒産件数は前年同月比13.0%増の702件だった。負債総額は同38.6%減の1129億8500万円だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]