/

岩田日銀副総裁、出口戦略「現時点でシミュレーション難しい」

日銀の岩田規久男副総裁は8日、参院財政金融委員会に出席し、物価目標達成後の異次元緩和政策の出口戦略について「現時点でシミュレーションすることは難しい」と述べた。岩田副総裁は出口について「その時の物価や金利情勢、それに合わせた日銀の金融政策によって変わる」と指摘し、現状でのシミュレーションは「かえって市場の混乱をもたらす」とした。日本維新の会の藤巻健史氏の質問に答えた。

また、イールドカーブ(利回り曲線)が全体的に1%上昇した場合「3月末時点での日銀の保有国債の時価総額は24.6兆円減少する」と明らかにした。2%上昇では44.6兆円、5%上昇では88.3兆円の減少を見込む。

一方、日銀が国債について簿価と額面価格の差を満期まで毎年均等に処理する償却原価法を採用していることを踏まえ「(国債の評価損が発生しても)すぐに決算上の影響はない」と強調。「金利が急上昇することも想定しづらい」と、金利を安定的に誘導する政策運営にも自信を示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン