/

この記事は会員限定です

株、米・イラン乱高下相場にお手上げ トランプ氏の「次」注視

[有料会員限定]

8日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落した。前日比461円安の2万3114円で午前を終えた。「イランがイラク駐留米軍基地に報復攻撃を開始した」――。寄り付き前に飛び込んだ衝撃のニュースが投資家心理を揺るがし、一時は約1カ月半ぶりに2万3000円を割り込んだ。中東情勢に神経質な展開に、多くの市場関係者はお手上げといった様子だ。

前引け後、イランのザリフ外相が自身のツイッター上で「我々は事態...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り871文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン